「すぐ隣にこんな世界があるんだ」男性にこそ観てほしい、映画『生理ちゃん』

映画『生理ちゃん』の主題歌を歌う、the peggiesの3人にインタビュー!

2019年11月07日Emi Kawasaki
2019年11月07日
Emi Kawasaki

SHARE

  • 「こちとらしがない生理なので」

    生理を擬人化したキャラクター『生理ちゃん』。月に一度、ガチャっとドアを開けてやってきて、血を抜いたり、お腹にパンチしたり、ときには寄り添ったり—。多くの女性たちから愛される、小山健さんの漫画『生理ちゃん』が実写で映画化され話題になっている。

    今回ランドリーボックスでは、映画『生理ちゃん』の主題歌に選ばれた『する』を歌う、ガールズバンド「the peggies (ザ・ペギーズ)」の3人に、映画の魅力や曲に込めた思いを聞いた。

    「the peggies (ザ・ペギーズ)」はボーカル&ギターの北澤ゆうほ(写真中央)、ベースの石渡マキコ(写真左)、ドラムの大貫みく(写真右)の3人で結成したガールズバンド。中学で軽音部に所属していた北澤ゆうほが、2人を誘いコピーバンドを始めた。高校入学時にはオリジナル楽曲を制作。高校2年の2012年2月にEMIミュージック・ジャパン主催の「REVOLUTION ROCK」で優勝。2017年5月シングル「ドリーミージャーニー」にメジャーデビュー。2019年2月メジャー初のフルアルバム「Hell like Heaven」をリリース。同アルバム曲の『する』が映画『生理ちゃん』の主題歌に選ばれる。

    —the peggies(ザ・ペギーズ)の『する』が映画「生理ちゃん」の主題歌に選ばれました。どんな気持ちですか?

    石渡マキコ:まず知ったとき、えー!!ってびっくりしました。

    私たち原作者の小山健さんの大ファンで、オモコロで『ツキイチ!生理ちゃん!』の連載が始まったときからずっと見ていました。

    「生理」がテーマの漫画ってことでとてもセンセーショナルでした。しかも毎回すごくおもしろい。さすが小山さんだなって。

    小山さんは、the peggiesのCDジャケットのイラストを描いてくださっていました。そんな小山さんに、今回この映画で私たちから楽曲を提供できることがうれしかった。

    北澤ゆうほ:私たち3人で小山さんの個展も見に行ったんです。小山さんとは本当にご縁を感じます。

    タイアップのときは、いつも楽曲を書き下ろすんですけど、今回はすでにリリースしてあるアルバムの中からピックアップしてくださって、それがとっても新鮮でした。

    映画向けに作っていないのに、ちゃんと作品にマッチするのか、どんな仕上がりになるのか、最初は想像できなかった。

    大貫みく:まず、実写っていうのが衝撃でしたね。実写だと生理ちゃんのキャラクターが私たちが過ごしている日常に溶け込んでいて、より身近に感じられました。もともとある曲なのに、歌詞と映画がシンクロしていて、めっちゃアガりました(笑)

    —曲には、どんな想いを込めたんですか?

    北澤ゆうほ:いつもは、自分の気持ちから一歩引いて、新たな主人公を頭の中に描いてから詞を書くようにしているんです。たくさんの人に「こんなふうに感じてほしい」と考えながら書くので。

    でも『する』は「私はこう思う!」と、自分の中にある葛藤とか、日々もがいている状況をそのまま、素直に歌詞に込めました。アルバムの曲だったこともあり自由度が高かったんです。ペギーズの曲のなかでは特異なこの曲が、映画の主題歌に選ばれたっていうのは、特別な気持ちになります。

    —映画『生理ちゃん』を観て、印象に残っているシーンは?

    北澤ゆうほ:やっぱり私たちの曲がかかったシーンです。劇中で曲が使われたシーンは、ストーリーの中でも大きなターニングポイントになっていたと思います。二階堂ふみさん演じる青子が、自分の中の殻を破った瞬間。そのシーンと曲がバッチリ合っていて、めちゃくちゃアガりました。

    石渡マキコ:私は性欲くんが登場したとき、思わず笑っちゃった。意外と声がダンディで、そのギャップが最高(笑)

    大貫みく:大きな生理ちゃんを背負った人もいれば、小さな生理ちゃんもいて可愛かった。作品の中には「生理あるある」が散りばめられているんですけど、生理中に「眠くなる」っていうのが自分とも重なってわかる〜って思いました。生理の日はまじで何にもしたくない。家でだらだらNetflix見て過ごしたい(笑)

    —生理にまつわる悩みってありますか?

    石渡マキコ:肌荒れと眠くなるのが悩み。でも仕事のときは気合を入れてがんばります。仕事の合間にiPhoneでマリオカートやって、ダッシュ決めてテンションあげる。そういう小さなことで気持ちを高めています。

    北澤ゆうほ:生理中カラダがむくんで、体重がちょうど2kg増えます。ほかにもイライラしちゃうとか眠くなるとかいろいろあるんですけど、曲の制作期間中に生理が重なるとつらい。

    家で作業するときに全然集中できなくて。締め切り迫っているのにいつの間にか寝ちゃったときとかへこみますね。

    私は普段から寝ている時間が好きじゃなくて。だらだらしている自分が嫌なんですよ。だから生理中は、人に迷惑かけちゃうんじゃないかって気にしちゃうので、精神的なほうがしんどいです。

    大貫みく:生理の悩み……。お酒飲んでるとき急に悲しくなって泣いちゃうことかな。さっきまで楽しく飲んでいたのになんでだろう?って。

    北澤ゆうほ:それ、生理じゃなくても、よくある気がする(笑)

    —お互いに生理をオープンに話す?

    北澤ゆうほ:「きたんだけど!」ってすぐいいます(笑)

    大貫みく:私たちはお互いオープンに話すし、なんとなく周期をわかっているから「ゆうほに生理きたら私は来週」とかで認識しています。

    石渡マキコ:みくはいつも痛み止め持ってて「ハイ」って渡してくれるよね。

    北澤ゆうほ:しんどいとかお腹痛いっていうことを、お互いに言い合えることに救われています。恥ずかしくて言えないとか、わかってもらえなさそうだから言えないっていう環境だったらもっとつらいかも。

    —映画の中でも「生理を理由にできないことがつらいんです」っていうセリフがありましたね。

    北澤ゆうほ:男性のスタッフさんに「体調悪いの?」って聞かれたとき「生理で」と応えると「反応に困る」とか言われたことがありました。いや、別に反応しなくていいし。お腹痛いのと同じ対応でいいんだけどなって思いました。

    私はずっと女子校に通っていたし、三姉妹なので生理は隠さなきゃっていう認識がなかったんですよ。学校でも、わざわざ違う言い方をしている子も中にはいて、なんでだろう?って違和感ありました。

    コンビニやドラッグストアで生理用品を買うとき、見えない袋に入れてなくてもいい派です。ゴミが増えるし。生理を「恥ずかしいもの」と捉える考え方が少しでも薄まってほしいなと思います。

    石渡マキコ:あの銀色のビニールに入っている方が不自然で気になるよね(笑)

    —生理ちゃんをどんな人に観てもらいたいですか?

    石渡マキコ:原作を知らなくても、生理に興味がなくてもいい。きっかけは「the peggiesが主題歌だから」でもなんでもいい。絶対楽しめる映画なので、とにかくいろんな人に観てほしいです。

    大貫みく:男の人にも「生理」っていうワードにビビらずに観てほしいな。この作品は男女ともに共感できるポイントがたくさんあるし、人間の素敵な成長ストーリーだと思います。

    北澤ゆうほ:映画『生理ちゃん』を観ればわかると思うんですけど、生理と日常を掛け合わせたんじゃなくて、生理って日常の中にもともとあるもの。男性にも、自分のすぐ隣でこういう世界があったんだって知ってもらえたらいいな。

    2019年11月8日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開。本作の公開を記念して、抽選で映画『生理ちゃん』ムビチケ前売券を3組6名様にプレゼントします。

    <応募方法>

    ①ランドリーボックスの公式Twitterをフォローしてください。

    ②本記事をTwitterでシェア。記事の感想と合わせて「#チケット希望」 と記載してください。

    ③当選者にはランドリーボックス編集部よりTwitterのDMでご連絡します。

    Emi Kawasaki
    フリーランスの編集者。ランドリーボックスのコンテンツ・ディレクターをしています。
    生理痛、PMS、経血量の多さなど悩み多め。自分に合うサニタリーショーツを模索中。
    日々パワーアップしていくイヤイヤ期の娘を育てています。

    生理の悩み:

    生理痛・PMS

    漏れ

    肌荒れ

    普段使用している生理用品:

    紙ナプキン

    月経カップ

    タンポン

    生理痛・PMS

    インタビュー

    ボクとわたしの生理

    おすすめ記事・コラム

    記事・コラム

    NEW

    生理前の不調はなぜ起こる?「PMS」の基礎知識

    月経前〜月経時にかけて不快な症状が3カ月繰り返され、日常生活にも支障をきたすほどの症状がある場合、PMSと診断されます。

    記事・コラム

    NEW

    「いま甘えたい気分なんだって言います」 生理に悩み続けた夏生さえりさんのがんばりすぎないヒント

    【特集】がんばりすぎちゃうあなたへ 第1回:夏生さえりさん

    おすすめアイテム

    アイテム

    SONNENTOR(ゾネントア) 女性のためのお茶 18袋入 オーガニックハーブティー

    <p dir="ltr"> 生理痛など体がしんどい時は、無理をせず、体を温めてゆっくりしたい。 好きなアロマを焚いたり、ハーブティーを飲むのもリラックスできておすすめです。 <br> <br> ゾネントアのオーガニックハーブティー「女性のためのお茶」には、シナモン、フェンネル、レモンバームや、疲労回復を促すコリアンダー、 気分を明るくするオレンジなどが配合されています。 <br> <br> バラの花やフェンネルのほんのり甘い香りの中にシナモンとマグワート(オウシュウヨモギ)がアクセント。疲れた時にホッと一息試してみてください。 <br> <br> <strong>編集部のおすすめ </strong><br> コリアンダーやシナモンなどのスパイシーな香りはしますが、味は飲みやすいです。生理期間に限らず冷え性なので、ジンジャーのせいか体が温まるのがいい。スパイシー系の匂いが苦手じゃなければオススメです。 <br> <br> <strong>ゾネントア社</strong><br> ゾネントア社の農園は、農薬や化学肥料を使わず、厳しい環境下で育てる「ビオ・ダイナミック農法」による栽培を実施。収穫は月の運行に従って行い、手でていねいに摘みとる。こうした手作業によりつくられたハーブは質が高く、自然本来の香りが強いのが特徴。さらには包装に至るまで、エコロジカルなものづくりにこだわり、化学処理は一切行っていません。 <br> <br> 【使用方法】カップにティーバッグを入れ、沸騰したお湯を注ぎます。5分から10分が飲み頃です。 <br> 【メーカー】SONNENTOR ゾネントア/オーストリア<br> 【内容量】 27g (1.5g X 18袋)<br> 【サイズ】外箱サイズ:H12cm×W7cm×D8cm<br> 【成分・原材料】 有機シナモン、有機コリアンダー、有機オレンジピール、有機ジンジャー、有機フェンネル、有機レモンバーム、有機マグワート、有機ローズ、バニラ香料<br> 【輸入販売元】おもちゃ箱<br> 【原産国】チェコ共和国<br> 【注意事項】<br> 開封後は賞味期限に限らず、乾燥した冷暗所で口をしっかりしめて保管し、お早目にお召し上がりください。植物を原料としておりますので、色や風味や香りなど天候や採取時期により多少変化することがありますが、品質には変わりありません。食品アレルギーのある方は、原材料表示をご確認の上お召し上がりください。(キク科アレルギーの方はお控えください)<br> </p>

    記事・コラム
    アイテム
    タグから探す

    インタビュー

    商品レビュー

    スポーツと生理

    がんばりすぎちゃうあなたへ

    月経カップ

    FemTech(フェムテック)

    IUS(ミレーナ)

    生理のお悩み

    におい

    かゆみ

    蒸れ

    漏れ

    生理痛・PMS

    デリケートゾーンの悩み

    黒ずみ・乾燥

    尿もれ・膣のゆるみ・ペリネ(骨盤底筋)ケア

    アイテムから探す
    オーガニックナプキン
    布ナプキン
    月経カップ
    サニタリーショーツ/ランジェリー
    吸収型サニタリーショーツ
    サポートアイテム
    デリケートゾーンケア
    尿もれ・ペリネ(骨盤底筋)ケア
    食品
    その他