子宮筋腫はよくみられる病気で、30歳以上の20~30%が発症しています。症状がまったくない場合もあり、本人が気づかないことも。

しかし、症状が出てくると生理痛がひどくなったり、月経量が多くなったりします。筋腫ができる場所によっては不妊や不正出血などの原因になることも。この記事では子宮筋腫の症状や原因、治療方法を説明します。

子宮筋腫の種類や影響

子宮筋腫とは、子宮にできる良性の腫瘍のことで、筋肉の塊(かたまり)です。がんのような悪性腫瘍ではありませんが、貧血・生理痛・不妊症の原因になることがあります。

筋腫が子宮のどこにできるかで、以下のように分類しています。

  • 粘膜下筋腫

子宮の内側にできる筋腫で、不正出血や不妊症の原因になりやすいタイプです。

  • 筋層内筋腫

子宮の筋肉の中にできる筋腫で、大きくなると不正出血や流産、早産の原因になることがあります。(小さいものは症状がありません)

  • 漿膜下筋腫

子宮の外側にできる筋腫で、大きくなるまでは症状がありません。大きくなってくると、頻尿や便秘の原因になることがあります。

子宮筋腫のおもな症状

子宮筋腫ができる箇所により違いますが、子宮筋腫のおもな症状は以下の通りです。

  • 経血量が多くなる
  • 生理痛がひどくなる
  • 生理時以外に出血がある
  • 腰痛や下腹部の痛み
  • 妊娠しにくくなる
  • 流産や早産のリスクとなる

子宮筋腫の原因

子宮筋腫の明らかな原因はわかっていませんが、子宮筋腫の成長は女性ホルモンが影響しています。

女性ホルモンが筋腫を大きくするため、閉経すると子宮筋腫は小さくなる傾向にあります。

子宮筋腫の検査方法

子宮筋腫の検査方法は、内診と超音波検査です。筋腫が大きかったり、手術を検討する場合はMRI検査を行うこともあります。

内診では筋腫の大きさを診察します。超音波検査では筋腫がどこにできているのか、数や大きさなどを調べます。さらにMRI検査では石灰化した筋腫や、骨盤の奥にある筋腫など、超音波検査で見えにくいものを含めて筋腫の有無を確かめます。

まれですが、子宮筋腫のようにみえて、実は悪性腫瘍(子宮肉腫)である可能性もあります。悪性腫瘍を疑う場合は、手術をして細胞を調べます。

子宮筋腫の治療方法

子宮筋腫が小さくて不快な症状がない場合は、積極的な治療はせずに経過観察をします。治療が必要な場合は手術もしくは内服や注射で治療をします。

子宮筋腫の手術

子宮全摘手術もしくは筋腫核出術の2種類あります。妊娠を希望していたり、子宮を残したいという希望がある場合は、筋腫部分のみを摘出する筋腫核出術を行います。筋腫核出術の場合は、手術中の出血が多くなったり、全部の筋腫を取り切れなかったり、将来筋腫が再発する可能性があります。

そのほか、以下のような治療法があります。

  • 子宮動脈塞栓術

子宮に栄養を送る血管を、カテーテルでわざと詰まらせて塞ぐことで筋腫を小さくする。

以下は、保険適用外の治療法です。

  • 集束超音波治療法

筋腫に超音波を照射して、小さくして治療する。

子宮筋腫の薬物療法

薬物療法で子宮筋腫をなくすことはできませんが、筋腫のサイズを小さくしたり、症状を軽く抑えたりする効果が期待できます。

偽閉経療法といわれる、月経が止まる薬剤(内服、注射)を使用する治療では、女性ホルモンの分泌が減るため、子宮筋腫が小さくなります。

しかし、骨量が減少する可能性があるため、半年以上の長期使用はできません。そして、薬剤をやめると筋腫はまた大きくなることが多いです。そのため、薬物療法は手術前や閉経が近い方などの、一時的な治療に使用されます。

生理痛や生理の量が多い方は、止血剤や低用量ピルを使うこともあります。筋腫を小さくする効果はありませんが、症状を改善できます。

子宮筋腫は悪性ではありませんが、不妊や流産の原因となったり、生理痛が重くなったりするなど、日常生活に影響を及ぼすことがあります。いつもより月経量が多い、生理痛が重くなったなど異変を感じた場合は、一度婦人科の診察に行ってみましょう。

監修者プロフィール

淀川キリスト教病院 産婦人科専門医

柴田綾子

2011年群馬大学を卒業後に沖縄で初期研修。世界遺産15カ国ほど旅行した経験から女性や母親を支援する職業になりたいと産婦人科医を専攻する。 総合医療雑誌J-COSMO編集委員を務め、主な著者に『女性の救急外来 ただいま診断中!(中外医学社,2017)』。LINEbot「妊産婦さん向けの風邪薬ボット」も運営中。

New Article
新着記事

Item Review
アイテムレビュー

新着アイテム

おすすめ特集