普段、どんなふうにデリケートゾーンのケアをしていますか?ボディソープで洗って洗い流すだけという人もいるかもしれません。

しかし、一般的なボディソープはアルカリ性で洗浄力が強いため、デリケートゾーンに使用すると皮膚を痛めてしまったり、腟環境を悪化させてしまったりする恐れがあります。

デリケートゾーンのケア

デリケートゾーンは以下のようにケアをしましょう。

デリケートゾーンを洗う

お湯で軽くデリケートゾーンを洗い流し、弱酸性のソープやデリケートゾーン専用ソープ(例:iroha INTIMATE WASH デリケートゾーン用ソープ)を泡立てて、アンダーヘアを洗ってお湯で流します。

次に、デリケートゾーンを丁寧に洗っていきます。まずクリトリスと尿道口を優しく洗った後に、大陰唇や小陰唇、ヒダの間も広げて触って洗います。そして、腟の入り口、会陰、お尻の穴にかけて、ゆっくりと丁寧に洗っていきましょう。

Illustration by ぷーこ/Laundry Box

デリケートゾーンを保湿する

顔を洗ったら化粧水や乳液で保湿するのと同じように、デリケートゾーンも保湿しましょう。専用の保湿剤(例:YES インティメイト・モイスチャージェル VM[しっとり保湿ケア])もあります。保湿液を指に取って、指の腹で大陰唇や小陰唇、肛門まわりにやさしく塗りましょう。

保湿剤は、オイルやジェルなどのタイプがあります。好みに合うものを選んでみてください。

デリケートゾーンがケアできていないと、においや乾燥が気になる場合も

デリケートゾーンのケアができていないと、においや乾燥などが気になることがあります。

においが気になる

デリケートゾーンのニオイが気になる場合は、以下のような原因が考えられます。

膣の外である外陰部から発生するにおい

外陰部はアンダーヘアが生えていて汗をかきやすい上に、下着などの蒸れによって雑菌が繁殖しやすいです。アンダーヘアの根元にはアポクリン汗腺といわれる汗腺があり、発達している人ほど陰部がにおいやすくなってしまいます。通気性のよいコットン製の下着をはいたり、弱酸性のソープやデリケートゾーン専用のソープで洗うことで、においを軽減できます。

膣内で繁殖した雑菌や病原菌によるにおい

健康なときは、「デーデルライン桿菌(かんきん)」という乳酸菌の一種が、腟内を弱酸性に保ち、雑菌から守ってくれます。しかし、雑菌や病原菌によって腟内環境が悪くなると、おりものの増加やにおい、かゆみなどの症状がでることがあります。
おりものの色やにおいが気になる人は、「性感染症が心配なおりものとは(医師監修)」の記事も参考にしてください。気になる症状がある人は、早めに婦人科を受診しましょう。

乾燥が気になる

デリケートゾーンは、ホルモンバランスが崩れると乾燥しやすくなります。とくに更年期になると膣の粘膜が弾力を失い、膣の乾燥や違和感が出たり、性交痛を感じたりすることがあります。そんなときはデリケートゾーン専用の保湿剤を使用するといいでしょう。

デリケートゾーンをどんな風にケアしたらいいかわからない人もいるでしょう。デリケートゾーンは肌と同じように汚れを丁寧に落として保湿するようにしてください。デリケートゾーン専用のアイテムも増えていますので、自分に合うものを探してみましょう。

監修者プロフィール

淀川キリスト教病院 産婦人科専門医

柴田綾子

2011年群馬大学を卒業後に沖縄で初期研修。世界遺産15カ国ほど旅行した経験から女性や母親を支援する職業になりたいと産婦人科医を専攻する。 総合医療雑誌J-COSMO編集委員を務め、主な著者に『女性の救急外来 ただいま診断中!』(中外医学社,2017)。LINEボット「妊産婦さん向けの風邪薬ボット」も運営中。https://twitter.com/ayako700

New Article
新着記事

Item Review
アイテムレビュー

新着アイテム

おすすめ特集