子どもを希望しているカップルにとって、女性の排卵日を知ることは妊活の第一歩となります。

私自身も結婚した4年前から基礎体温を計測し始めました。今年の1月から妊活を本格的に始め、婦人科に通院しながら夫とふたりでタイミング法を頑張っています。

基礎体温だけでは、周期のリズムから排卵日を予想することまでしかできないので、排卵検査薬を使って、排卵日の特定に役立てています。

しかし、尿を使って検査する排卵検査薬は、私の場合はうっかり忘れてしまったり、陽性の判定ラインの濃さがよくわからなかったりと、うまく使えていないことも…。

そんな時にドラッグストアで見つけたのが、ソフィの「妊活タイミングをチェックできるおりものシート」!(以降、「妊活おりものシート」と記載)

昨年発売したときにネットで見かけて、おりものシートをつけて過ごすだけで妊活タイミングがわかる便利そうなアイテムだなと思っていました。

しかし、今までの排卵検査薬と全く違う仕組みなので

  • 本当に妊活タイミングがわかるの?
  • 装着してどのくらいの時間が経てば結果がわかるの?
  • コスパはどうなんだろう?

などの疑問がわいてきます。

そこで、婦人科で排卵日を毎月特定してもらっている私が、「妊活おりものシート」を1周期、試してみました。

私の妊活の状況

私たちは2020年に結婚、一緒に暮らし始めました。これまで積極的にタイミングをとってはおらず、今年の夏に夫婦ともに35歳になるので、本格的に妊活を始めました。

また、私が多嚢胞性卵巣症候群に起因する生理不順であり、排卵日が特定しづらいため、2024年1月より婦人科に通って排卵誘発剤の処方と排卵日特定、タイミング指導のアドバイスをもらっています。

タイミングをとるのはできれば排卵日前日と前々日の2回が、もっとも確度が高くなると医師から教わりました。

「妊活おりものシート」とは?

写真=本人提供

妊活おりものシートは、ショーツにシートをつけて過ごしているうちに、分泌されたおりものに反応して妊活タイミングを知らせてくれるおりものシート。

ここで言われている「妊活タイミング」とは、妊娠の可能性が高い約6日間のことです。
「妊活おりものシートに2本線が出たら、約0-2日以内に性交渉のタイミングをとると妊娠の可能性を高める期待が持てます」とソフィの公式サイトに記載されています。

画像=ソフィ公式サイトより

お値段はAmazonで5個入り547円、10個入り948円(2024年4月11日現在)。当然ですが、一般的なおりものシートと比較すると高額です(コスパに関する詳細は記事の後半にまとめました)。

妊活おりものシートの使い方

写真=本人提供

① 個包装の袋を開封し、おりものシートを引き出します。重なっている先端を持つと、簡単に引き出せました。

② おりものシートをショーツの内側に取り付けます。このときおりものがシートの真ん中の判定紙に付着するよう、青いラインがショーツのお腹側に来るようにつけます。

③ 服を着たあとに、おりものが反応部分に付くように服の上から軽く押し当てます。

④ 普段通りに過ごし、トイレに行くタイミングでおりものシートの反応を確認。おりものの反応があった場合はそのシートの使用は終了です。

私は最初、シートを見ただけではどちらがお腹側でどちらがおしり側かわからなかったので、公式サイトとパッケージの注意書きをよく読みました。

写真=本人提供

妊活おりものシートを着用後、おりものの分泌による個人差はありますが、口コミによると私の場合3〜5時間程度で反応があるようです。

つけたあとは普段どおりに過ごします。ただし、汗をかくほどの激しい運動は控えること、入浴後の装着は避けることが注意書きとして書かれています。

排卵予想日6日前から使ってみた

私の場合は、生理3日目から婦人科で処方された排卵誘発剤を服薬。約2週間後に通院し、エコーで卵胞の大きさをチェックしています。

そのため、おおよその排卵予定日の6日前から使用してみました。

朝仕事に行く前の8時頃に装着。1回目のトイレタイムが10:30〜11:30頃なので、その際に反応を見てみるとラインが出て反応していることがわかりました。

公式の判定サインのサンプルをみると、正しく判定できていない場合や判定中の場合も紹介されていましたが、私が使った中では全て2本線か1本線できちんと判定結果が出ました。

ちなみに、先ほど説明した使い方の「③おりものが反応部分に着くように服の上から軽く押し当てる」は、この日は面倒に感じて実践しませんでした。

ただ、最初の慣れないうちは、今のおりものシートの状態が判定後の陽性か陰性か、判定中なのか、未反応なのか、判定の指標を詳しく思い出せなかったので、トイレの個室内でスマホ検索しました。

反応を見たあとは、通常のおりものシートと同様トイレットペーパーに包んでサニタリーボックスに捨てました。

妊活おりものシートの結果は?

妊活おりものシートの結果と基礎体温のグラフを合わせた結果は下記です。

画像=本人提供

今回の私の場合、妊活おりものシートは4/1〜4/5に5日間の陽性反応が出たのちに陰性となりました。

ソフィ公式によると「2本線が出たら(陽性になったら)、約0〜2日の間に性交渉」とあるので4/1〜4/3ということになります。

私は4/2に婦人科に通院。エコーの診察結果から「早くて3日後、遅くて5日後に排卵しそう」とのことでした。そのため、タイミング指導は早くても遅くても1回は排卵前となる「4/4と4/6の2回がおすすめ」というアドバイス。

基礎体温は4/6に最も下がり、4/7から上がったため、結果的に4/6中に排卵したと考えられます。

医師の診察結果と妊活おりものシートの結果としては、若干のズレが出ました。

手軽に妊活タイミングがわかった

妊活おりものシートの陽性期間自体は、医師の排卵タイミングとも近く基礎体温から考えられた排卵日と合致していたので、おおよそのタイミングがわかると感じました。

ただ、今回5日間陽性となったため、正直なところ「いつタイミングをとるのがベストなのか?」はこの妊活おりものシートだけでは掴みづらいとも思いました。

今回の結果を踏まえると、個人的には陽性期間が長いため、次回は「陽性になってから3〜4日目にタイミングをとる」ことをしてみたいです。

排卵日前に妊活おりものシートをつけて反応を見るということ自体は今回難しくはなく、日常のルーティンにしやすいので、私としては手軽でありがたかったです。

10個入りが必要?コスパは?

私の場合は5日間陽性、公式では約6日間陽性になるということで1周期に5〜6枚以上の妊活おりものシートが必要になります。

2024年4月11日現在、amazonでは5個入り547円、10個入り948円。10個入りを買った場合、1周期で約474円〜568円のコストとなります。

一般的な排卵検査薬は10本で2800円程度で、1周期で3〜4本使用した場合840〜1120円となるため、人によって相性や感じ方はそれぞれだと思いますが、妊活おりものシートのほうがコスパもよさそうだなと個人的には思いました。

特に生理周期が安定している人であれば、「陽性反応日から数日後にタイミングをとる」という計算ができると思います。妊活を始めたての人など、まずはストレスをかけずにタイミングを掴みたいという人にはおすすめなアイテムです。

New Article
新着記事

Item Review
アイテムレビュー

新着アイテム

おすすめ特集