1カ月に1週間ほどある生理期間。身体への影響は個人差がありますが、旅行、試験、大事なイベントなどに、生理が重ならないようにしたいと考える人は多いと思います。

どうしたら、生理の期間をずらせるのでしょうか?

生理を移動する(早める、遅らせる)には、ピルを服用する

婦人科でピルを処方してもらい服用することで、生理期間を移動させることができます。

生理期間を移動する場合、「生理を早める」「生理を遅らせる」という、ふたつの選択肢があります。どちらも期間をずらしますが、ピルの服用タイミングに違いがあります。それぞれの方法を説明します。

生理を早める場合は、ひとつ前の生理期間から準備

生理を早める場合は、イベントに重なりそうな場合、予定より早くくるように調整します。

具体的な方法は、ずらしたい生理のひとつ前の生理がはじまった3~5日後から、10~14日間ほど、ピルを服用します。服用をやめると2~5日ほどで生理がきます。

・生理を早める方法のメリット

早めに生理がくるので、イベントの期間に薬を飲む必要がない

・生理を早める際の注意点

ずらしたい生理のひとつ前の生理中に受診する必要がある。そのため、ひとつ前の生理が終わっている場合は、生理を早めることはできない

生理を遅らせる場合は、生理開始予定日の3日~5日前から服用する

生理を遅らせたい場合は、イベントに重なりそうな期間より後に、生理がくるように調整します。

具体的な方法は、生理予定日の3~7日前から中用量ピルを服用し、イベントが終わるタイミングまで服用します。服用をやめると2~3日ほどで生理がきます。

*生理予定日の3日前からの内服で生理を遅らせられることが多いのですが、生理がズレて早くくると失敗してしまうことがあります。余裕を持って生理予定日の5~7日前からピルを内服するのがお勧めです。

*妊娠の可能性があるときはピルを飲まない方が良いため注意してください。

・生理を遅らせる方法のメリット

生理予定日の1週間くらい前でも、生理期間をずらせます。

・生理を遅らせる際の注意点

大事なイベントのときにピルを飲む必要があります。吐き気やだるさなど、ピルによる副作用が出てしまった場合、大事なイベントのときに体調不良になる可能性があります。

病院によって方針は違いますが、生理を遅らせる方法は大事なイベントの期間に、副作用のリスクがあることから、生理を早めることを勧められることが多いようです。

また、生理周期が不規則な人の場合、生理移動ができない可能性もありますので、くわしくは婦人科の医師に相談してください。

生理痛が重い人は、ふだんから低用量ピルを定期的に内服することで、生理痛の緩和にもつながり、生理期間の移動にも使うことができます

生理日の移動(早める、遅らせる)にかかる費用や注意点

生理の移動をする場合は保険適用外となり、費用は病院によって違いますが、2,000~4,000円ほどです。

処方されたピルは、決まった期間飲み続ける必要があります。飲み忘れがないように、「朝に歯磨きをした後に飲む」など服用のタイミングを決めたり、アラームをセットしておくといいでしょう。

もし、服用を忘れてしまった場合、24時間以内に気づいたときはすぐに1錠飲み、次の服薬時間にいつも通り1錠飲んでください。

24時間以上たってから飲み忘れに気づいた場合は、前日と当日分の2錠をすぐに飲み、翌日以降はいつもの服薬時間に飲んでください。2錠以上飲み忘れがあると生理がくる可能性が高くなりますので、飲み忘れに注意しましょう。また、3錠以上は同時に飲まないようにしてください。

また、低用量・中用量ピルを服用すると、血栓症のリスクが少し上がると報告されています。もし、ピルを服用しているときに、強い頭痛やふくらはぎの痛みや腫れなどの症状がでた場合は、すぐに服用を中止して医師に相談してください。

大事なイベントに生理が重なるかもしれないと思うと、ちょっと憂鬱な気持ちになってしまいますよね。調整期間も鑑みて、日程に余裕をもって産婦人科へ相談してみるのがおすすめです。

監修者プロフィール

淀川キリスト教病院 産婦人科専門医

柴田綾子

2011年群馬大学を卒業後に沖縄で初期研修。世界遺産15カ国ほど旅行した経験から女性や母親を支援する職業になりたいと産婦人科医を専攻する。 総合医療雑誌J-COSMO編集委員を務め、主な著者に『女性の救急外来 ただいま診断中!(中外医学社,2017)』。LINEbot「妊産婦さん向けの風邪薬ボット」も運営中。

New Article
新着記事

Item Review
アイテムレビュー

新着アイテム

おすすめ特集