2月14日はバレンタインデー。大切な人に「ありがとう」や「大好きだよ」の気持ちを伝えるにはぴったりのイベントです。でも、そんなときに生理だったら…。大丈夫、今回は憂鬱な生理中でも作れるお手軽レシピをご用意しました。みなさんの大切な人を想う1日のお役に立てますように。

混ぜるだけ!さくっと作れる「ザクザクナッツとクリームチーズのチョコレートバー」

工程や温度管理がむずかしく、ハードルが高そうなスイーツ作り。しかし、今回ご紹介するのはボウルひとつで混ぜるだけの簡単レシピ。材料も、お近くのスーパーやコンビニで手に入るものを使うため、忙しくて時間がない…!というときでも作れるレシピです。

Photo by Yukari Matsuura / Laundry Box

<材料>(※今回は、11.5cm×19cmタッパーサイズを使用します)

・板チョコレート(ビター) 150g

・ブランデーやラム酒などの洋酒(お好みで) 小さじ1/2

・クリームチーズ(サイコロ状にカット) 40g

・グラノーラ、ドライナッツ(砕いたもの)、ドライフルーツ それぞれ適量

Photo by Yukari Matsuura / Laundry Box

板チョコレートは、カカオのパーセンテージが高めの少しビターなものを用意しましょう。

グラノーラやナッツで、ザクザクとした食感や香ばしさを出していきます。

ドライナッツは、今回は食塩無添加のものを使いましたが、食塩を使っているものだとほんのり甘塩っぱく仕上げることができますよ。棒などで軽く叩き、砕いてから使います。(ドライフルーツも大きいものは小さくカットしましょう)

まずは湯煎で板チョコレートを溶かしていきます。お好みでブランデーやラム酒など、香り豊かな洋酒を加えるのもおすすめ。少量を加えたら、しっかり混ぜ合わせていきます。

チョコレートが全部溶けたら、グラノーラやナッツ、ドライフルーツなどを入れてさらに混ぜていきましょう。

Photo by Yukari Matsuura / Laundry Box

クリームチーズは溶けないように、さっくりと混ぜるのがコツ!

ナッツ類を入れ終わったら、最後にサイコロ状にカットしたクリームチーズを入れて、さっくりと混ぜ合わせます。あまり混ぜすぎると、クリームチーズがチョコレートに溶けてしまうので要注意。サイコロ状のクリームチーズが残るように、混ぜすぎないのがポイントです。

Photo by Yukari Matsuura / Laundry Box

<作り方>

  1. チョコレートを湯煎で溶かしたら、お好みで洋酒を加えてしっかり混ぜ合わせる。
  2. グラノーラ、ナッツ、ドライフルーツを入れてチョコレートが全体に絡むように混ぜ合わせる。
  3. サイコロ状にカットしたクリームチーズを2に入れて溶け切らないように注意しながら、さっくりと混ぜ合わせる。
  4. クッキングペーパーを張ったタッパーなどの容器に注ぎ入れて、2〜3時間ほど冷蔵庫で冷やす。
  5. チョコレートが固まったら、冷蔵庫から取り出し食べやすいサイズにカットして完成。
Photo by Yukari Matsuura / Laundry Box

今回ご紹介したのは、数時間でできる簡単レシピ。前の日の夜に作っておけば、次の日には完成しているので仕事終わりの夜にも作れます。

また、型などがあれば、型に流し入れて冷やすのがおすすめ。ない場合は、今回のようにクッキングペーパーを敷いてタッパーに流し入れて冷やしましょう。

Photo by Yukari Matsuura / Laundry Box

チョコレートが冷えて固まったら、包丁でざっくりとバー状に切れば完成!バー状だと少し食べにくいという場合は、食べやすい大きさにカットし、キャンディーのようにクラフト紙でラッピングするのもおすすめです。

ゴロゴロとしたナッツと、クリームチーズの酸味が絶妙な一品。混ぜて冷やすだけであっという間に完成するので、今からでも間に合います。簡単レシピで素敵なバレンタインシーズンをお過ごしください。

New Article
新着記事

Item Review
アイテムレビュー

新着アイテム

おすすめ特集