Tバック派のみなさーーーん、おりものシートどうしてます?

ずっと気になっていることがありました。

私は、デニムなどピタッとしたボトムを履く時に下着のラインが出たくないのでTバック(タンガ・ソング)タイプのショーツも愛用しているのですが、唯一困っていたのが「おりもの」の処理です。

Tバックの時に厄介な「おりもの」対策

普通の形のショーツの時にはおりものシートをつけたり、布ナプキンをライナーがわりに使うことが多いのですが、Tバックの時は何もつけずにいました。

そのため、ドバっとおりものが出た…!という時は、Tバックのクロッチ部分は面積も狭いため、あっという間にショーツから沁みてデニムが濡れてしまっていました…

おりもの自体は生理と違って色もないし、他人から気付かれるようなものではないのですが、やはりボトムについた汚れや、湿りは気になる。

なんとかしたい…!と普通のライナーをTバックにつけてみたもののクロッチ部分のカタチが合わない。おりものシートの粘着部分がボトムにくっついたり、粘着部分同士がくっついたり、つけ心地が悪く使い物になりませんでした。

かといって、Tバックは食い込むこともあるため長時間おりものシートなしでいるのは不安…。

それに、Tバックはクロッチ部分が細く繊細なものも多いので、汚れを落とすためにショーツをゴシゴシ洗うと摩擦で消耗しそうだし…。いろんな意味でTバックとおりものは相性が悪いのです。

こんな感じで、普通のおりものシートだとはみ出てしまう…

Tバック専用おりものシートがありました!

そんな時にドラッグストアで見つけたのがこちら。

サラサーティ SARA・LI・E Tバック用

私が見つけた時は、ドラッグストアのサニタリーコーナーをじっくりみないと見落としてしまいそうな場所にありました。

ピンクと紫の力強い配色に一瞬「おぉ…」となってしまいましたが、Tバック専用のライナーはこれしか見つけられなかったので早速試してみることにしました。

個包装はシンプルな紙素材で好印象

紙素材の個包装を開けてみると…

おおお、Tバック専用のかたちになっている!

Tバック専用なので当たり前なのですが、探し続けていた形だったので無駄に感動してしまいました。そうそう、これだよ、これを探していたんだよ。

Tバックにおりものシートをつけてみました!

きゃあーーーーぴったりーーーー!!!!!!!!!

嬉しいーーーーー!!!!!

後ろから見てもシートがはみ出てない…!

Tバック背面の一番細いところにもフィットしたので、後ろから見てもはみ出ていませんでした。

ただ、このクロッチ部分の細さはTバックの種類によって変わると思うので、デザインによってははみ出てしまうこともあるのかも。紐に近いタイプのTバックだと難しいかもしれません。

できれば数を増やして欲しい…

しばらく使ってみて感じたのは、内容量をもう少し増やして欲しいなということ。

20枚入りが発売されているのですが、私の場合は、おりものが多い時期だとトイレに行くたびに変えたいので、1日最低4枚程度は使用します。

そうすると、5、6日でなくなってしまう。生理と違い、人によっては、おりものシートは毎日つける人もいるので、そう考えると枚数が少ないような気がしてしまいました。

もちろん、Tバックばかり履くわけではないのですが、なかなかドラッグストアでも見つけられない商品だったので、いっそのこと大容量にして欲しいなと感じました(笑)

とはいえ、Tバックの時の不安材料だったおりもの問題が改善されるのは違いない!

これで汚れを気にせず心置きなくTバックを履けるぞーーーー!

「今日は細身のパンツスタイルでTバックを履きたいけど、そろそろおりものの量が増えそう…不安だ…」となっていた皆さん。ぜひ、試してみてね!

<使用感>

フィット感…★★★★★

これは本当に嬉しいフィット感。Tバック使用勢にはありがたいサイズ。

吸水性…★★★★★

普通のおりものシートと変わらずしっかり吸水してくれます

肌触り…★★★★

Tバック用ということもあり、接する面積がそもそも少ないので不快感は感じませんでした。表面シートは、天然コットン100%素材とのこと。

通気性…★★★★

蒸れる感じはありませんでした。

デザイン…★★

ピンクと紫の配色が激しめで「Tバック」と書かれているので、人によってはレジに持っていくのを躊躇する人もいるかも?サラリエの他の種類と同じようなデザインでいいような気もしました。

価格…★★★

特化したアイテムだからか、通常のおりものシートの値段よりはお高め。個数を増やしてもらえたら嬉しいなあ。

Tバックのおりもの対策、モヤモヤに関するアンケートも実施中。よかったら、みんなの意見を聞かせてね!

New Article
新着記事

Item Review
アイテムレビュー

新着アイテム

おすすめ特集