月経カップ、吸水ショーツなどさまざまな生理用品が登場していますが、みなさん「月経ディスク」ってご存知ですか?

月経カップがどうしても合わない…と悩んでいる方にもおすすめできるポイントがあるので、今回は月経ディスクの使い方を徹底レクチャーします。

月経ディスクとは?

月経ディスクは、タンポンや月経カップ同様に膣内に挿入する生理用品です。浅いお椀型のような形状をしていて、膣内で経血を留めることができます。

生理ナプキンと違い、経血が空気に触れることがないため経血特有のにおいがしづらいほか、ナプキンによる蒸れや肌荒れが気になるという方にもおすすめです。

月経ディスクにもさまざまな種類がありますが、大きく分けると医療用シリコン等でできている「繰り返し使えるタイプ」と「使い捨てタイプ」があります。

繰り返し使えるタイプはメーカーにより異なりますが、使用期限の推奨としては2年程度とされています。

左:繰り返し使える月経ディスク 右:使い捨てタイプの月経ディスク

月経ディスクをつける前にすること

月経ディスクが届いたらまずは消毒しましょう

繰り返し使える月経ディスクを初めて使用する際は、煮沸消毒をしましょう。

お鍋で煮沸しても、電子レンジを活用してもOK

耐熱容器に入れて電子レンジで煮沸消毒

沸騰したお湯に 5〜8分ほど浸けて煮沸消毒をします。お鍋を使用する際は、月経ディスクが鍋の底に触れないようにたっぷりと水を入れて浮かせるようにしてください。

電子レンジを使用する際は、電子レンジ対応の耐熱容器などにお水を入れて電子レンジで5分ほどあたためてください。100円ショップで売っているシリコン製やガラス製の耐熱容器なども使えるので、月経ディスクを水にしっかり浸すことができる深さのものを選んでみてくださいね。

電子レンジから取り出す際は、容器が非常に熱くなっていますので火傷しないように気をつけましょう…!

使用する際は、消毒した月経ディスクをしっかり冷ましてから挿入しましょう。

初回以降は、使用前と使用後に中性石鹸とお湯、または専用のクリーナーで洗浄してください。石鹸や洗剤が月経ディスクに残っていると炎症を起こす可能性があるため、しっかりと洗い流すようにしましょう。

しっかり除菌したいという方は、初回同様に使用する前にディスクを煮沸消毒すると安心です。

月経ディスクの保存方法

煮沸消毒した後は、月経ディスクをしっかり乾かしてください。その後、付属のポーチなどに収納し通気性のいい場所に保管してください。

カビが生える原因にもなるので、密封性の高い保存容器には入れないようにしましょう。

月経ディスクの装着位置は?

では、さっそく挿入していきましょう!

その前に、月経ディスクを装着しやすくするために装着位置について説明します。

月経ディスクがタンポンや月経カップと異なるのが、装着位置です。

月経ディスクは、膣内の奥にある子宮頸部を覆うようにひっかけて装着します。

タンポンや月経カップと比べると、さらに奥まで挿入して装着することになります。

子宮頸部ってどこ?

そうですよね。子宮頸部の場所を膣内で探索したことがある人は少ないと思います。

月経ディスクをご使用になるのが初めての方、月経ディスクなどの挿入型の生理用品を使ったことがない方などは、一度ご自身の指を膣内に入れて挿入位置のイメージを掴むことをおすすめします。

指を奥まで入れていくと、飛び出ている突起のようなものにたどり着くかと思います。その部分に月経ディスクを覆い被せることになるので、余裕がある方は指先で子宮頸部の外周をなぞってみると、装着しやすくなるかと思います。

指先を入れる際は、膣内が濡れていないと違和感や痛みを感じる方もいますので、指先に水溶性の潤滑ゼリーをつけたり、フィンガーコンドーム(粘膜を傷つけるのを守ってくれる指用のサック)をつけると安心です。

月経ディスクの装着方法

月経ディスクの装着方法について説明します。

月経ディスクの折り方

月経ディスクは、浅いお椀型のような形状をしています。挿入する際は、親指と人差し指で、リム(外周の部分)を押して細く、8の字になるようにします。

シリコン素材でできたディスクは柔らかいので押しやすい分、膣内に挿入する際には慣れが必要
使い捨てタイプの多くの場合は、リム部分が硬いので少し力はいるけれど、挿入はしやすい

月経ディスクを装着する体勢は?場所は?

では、実際に挿入していきましょう。月経ディスクを挿入する際は、ご自身の手指もしっかり洗ってからディスクを持ちましょう。

体勢はさまざまですが、トイレに座るかしゃがむような体勢が挿入しやすいです。座ったままでは挿れづらいという方は、装着に慣れるまではお風呂場などで装着すると経血が垂れてきても洗い流せるので安心です。

月経ディスクを挿入してみよう

月経ディスクを挿入し、人差し指でディスクを押し込んでいきます。膣の奥にディスクが当たって止まる感覚があると思います。

子宮頸部を覆うために、行き止まりを感じたさらに奥に月経ディスクをの先端を指で押していきます。ディスクのリムが子宮頸部の後ろ(お尻側)に移動するように、少しディスクを下向きに傾けて指で押していくと挿入しやすいです。

子宮頸部の奥側(お尻側)のくぼみにリムの先端がたどりついたら、今度はディスクの手前側(おなか側)を引き上げて子宮頸部に被せるようにしてみましょう。

最後に指で月経ディスク全体を触って装着できてるかを確認しましょう。指で触ってみると、子宮頸部の突起部分がディスクのカップ内に収まっていることがわかると思います。

月経ディスクがうまく入らない

月経ディスクを細くして膣内に挿入したものの、うまく奥まで挿れられない、進められないという方もいます。

経血などで膣内が濡れていないと、膣内の摩擦でうまく進まなかったり、違和感を感じてしまう方もいますので、月経ディスクの挿入方向の先端部分に水溶性の潤滑ゼリーをつけておくのをおすすめします。

ただし、リム全体に塗ってしまうと指が滑って逆に挿入しづらくなることもあるので、”先端にだけ”がおすすめです。

子宮頸部にうまく装着できているかわからない

子宮頸部の場所を把握するのも最初は難しいかもしれません。うまく覆い被せているかどうかの判断としては、月経ディスクがきちんと円形に開いているかどうかで判断してみるのもおすすめです。

装着した際に、指先で月経ディスクの円周をなぞってみてください。ディスクがしっかり円形になっていれば、おおよそ大丈夫です。

月経ディスクの取り出し方

取り出す前に手指をしっかり洗いましょう。

挿入時同様トイレに座るか、片足をお風呂の縁などにおいて取り出しやすい姿勢を保ちましょう。

リラックスしながら人差し指を挿入し、ディスク手前のリムを見つけたら、指先をリムに引っ掛けます。

ディスク内の経血が溢れないように、カップを水平に保ちながらゆっくりと引き出し取り出しましょう。ディスクを地面と平行に保つイメージです。

人差し指と親指でしっかりディスクをつかめたらディスクを膣外に取り出して、経血をトイレに流してください。

勢いよく引っ張ると経血が漏れてしまうこともあるので、焦らず慣れるまではゆっくり取り出してみましょう。

月経ディスクが見つからない…

安心してください。月経ディスクが子宮頸部の中に入っていくことはありません。リラックスして、指先を奥まで挿れてみましょう。

指がリムに引っ掛けられない場合は膣に力を入れて、“卵を産む”イメージで力んでみましょう。体を少し前に倒してしゃがむと、ディスクが取り出しやすくなります。

月経ディスクの装着時間は?

月経ディスクの最大装着時間はメーカーにより推奨時間が異なりますが、8〜12時間程度となっています。タンポン同様に、*トキシックショック症候群(Toxic Shock Syndrome:TSS)の可能性を軽減するため、それ以上は装着しないようにしてください。

*トキシックショック症候群(TSS)とは…
非常に短い時間で重篤な病態を引き起こす敗血症の一種です。TSSはまれな病気ですが、男性、女性や子どもを問わず誰でも短い時間で重篤な病態となる可能性がある病気です。

月経ディスクのメリット

装着感が極めて少ない

・膣内の奥に挿入して装着するため、きちんと装着できていれば装着感や圧迫感がない。月経ディスクやタンポンも膣内の無感覚ゾーンに装着するため違和感は少ないですが、さらに奥に装着するため、タンポン、月経カップだと違和感があったという方にもおすすめです。

容量が大きいので経血量が多くても安心

月経カップよりも容量が大きいため経血量が多い人にもおすすめ。例えば、Ziggy Cupというブランドの月経ディスクは、スモールサイズでも容量が50mlあります。

月経カップの場合、ビッグサイズで容量30ml程度のものが多いので、比較すると容量はかなり大きいです。

子宮頸部を直接覆うから漏れにくい

月経カップがうまく開かず漏れてしまうという方には、子宮頸部に被せる形状なのでうまく装着できれば漏れにくいのでおすすめです。

膣内の状況に左右されにくい

膣内に挿入する生理用品の場合、例えばタンポンだと膣内の水分を吸われてしまうような感覚になる方もいるため、経血量が少ない日だと取り出す際に乾燥して痛みを感じる場合も。一方月経ディスクは吸水性の素材ではないため、違和感が少ないです。

月経ディスクのデメリット

膣内に指を挿れる必要がある。構造を把握した方がいい

子宮頸部を覆うという特性上、自身の膣内の奥まで指を挿入する必要があります。構造を理解してから装着すると、装着しやすくなります。

膣内に指を入れるのが怖いという方などには向かない生理用品かもしれません。

経血が手につく

上記のように、膣内に挿入するためどうしても指に経血がついてしまいます。フィンガーコンドームやナイロン手袋などを使用することもできますが、他の生理用品と比べて挿入時や取り出す際には経血が手につきやすいです。

経血を見るのが苦手な方には、あまりおすすめできません。

出先では交換しづらい

ディスクの着脱に慣れれば問題ないかもしれませんが、他の生理用品と比べて装着に時間を要する可能性があります。

また、取り出す際に勢いよく取り出すと経血が溢れてしまうことがあるため、外出先のトイレでは少し緊張してしまうかもしれません。

もし、どうしても外出先で交換したいとなった場合は、個室内に水道がないことも多いので、アルコールが含まれていないデリケートゾーン用のウェットシートなどでディスクを拭き取って装着しなおしてみてください。

新しい生理用品「月経ディスク」、メリットデメリットを把握した上で、気になる方はぜひトライしてみてくださいね。

ランドリーボックスでは使い方や選び方などの相談にものっていますので、ご質問がある方はこちらより問い合わせてみてください。

公式インスタグラムでも使い方などを紹介しているので、よかったらこちらもご覧ください。

**

ランドリーボックスでは、定期的なアンケートを実施しています。

現在は、「カラダの相性」をテーマにアンケートを実施中。みなさんのご意見をお聞かせください。

New Article
新着記事

Item Review
アイテムレビュー

新着アイテム

おすすめ特集