2月25日イギリスのスコットランド政府が、「必要とするすべての人」への生理用品の無料提供を義務付ける法案を決議した。BBCなどが報じている。

スコットランドは2017年、世界で初めて生理用品の無料化事業を試験導入した地域。その後、本格実施に踏み切り、これまでは小学生〜大学生向けに生理用品を無料で提供してきた。

今回の法案により「生理用品を必要としているすべての人」が対象になる。

低収入で生理用品が買えない「生理の貧困(period poverty)」という課題に、世界で最も早く対応を試みたのがスコットランド。

日本では「生理用品を軽減税率対象に」という署名活動が一部で実施されているものの、「生理の貧困」に対する動きはまだ少ない。

今回のスコットランドの事例が、あらゆる国と地域の「生理の貧困」対策への後押しになるか。世界の動きに注目したい。

 

New Article
新着記事

Item Review
アイテムレビュー

新着アイテム

おすすめ特集