経血吸収型ショーツとは、ショーツ自体が生理の経血を吸収してくれるパンツのこと。経血量の少ない日ならナプキンなしで過ごせてしまう画期的な生理用品です。

この記事では、ランドリーボックスが独自に行ったwebアンケートにより集めた、吸収型ショーツのユーザーの声と、主要ブランドの特徴をご紹介します。

経血吸収型ショーツを使用する前の「生理の悩み」

経血吸収型ショーツを実際に使っている方たちの生理の悩みは、「経血量が多い」「生理のときの漏れが気になっていた」という方が多かったです。

月々の体調によって経血量が多く、とくに生理2日目までは2~3時間おきにナプキンを交換する必要がありました。タンポンを試したこともありますが装着位置が悪かったのか、きちんと吸収されず漏れたことがあり、抵抗を感じるようになってしまいました。

また、寝相が悪いので夜にズボンや布団を汚す事が多かったです。夜用ナプキンを使用していましたが、寝返りの頻度が多いのか経血が漏れてしまうことがあり、本当に嫌でした。(30代、保育士)

生理用品は生理用のナプキンしか使用したことがありませんでした。しかし、年齢が上がるにつれて徐々に経血量が増え、下着が汚れてしまったり、ひどい時には服まで滲み出てしまったりするほどに。

Webデザイナーとして働き出してからは、一日中椅子に座りっぱなしのことが多くなり、生理がより不快になりました。

また、趣味でウォーキングをするのですが、激しい運動は経血の漏れにつながるため、生理中は、運動をすることにもためらいが出るようになりました。(20代・Webデザイナー)

こうした悩みをもっていた人たちが、友人からの紹介やネットで吸収型ショーツの存在を知り、実際に使い始めています。

経血吸収型ショーツを使用した感想やメリット

実際に経血吸収型ショーツを使用した人が感じたメリットは、以下の通りです。

  • ナプキンを取り替える頻度が減った
  • ナプキンをつけないので、服に響くことがなくなり、細身のデニムも履ける
  • 朝起きたときにパジャマやシーツに血がつくことがなくなった
  • ナプキンによる肌のかぶれが解消された
  • モレを心配しなくなり、生理中でも明るい色のボトムを履けるようになった
  • 生理が始まりそうなときに履いておくと安心
  • 不正出血があるので、経血吸収型ショーツを履いていると安心
  • 友人宅に泊まったときに、ナプキンのゴミを心配しなくていい

このように、経血吸収型ショーツを使用すると、生理中のわずらわしさがかなり軽減されます。アンケートの回答者全員が、継続して経血吸収型ショーツを使用していることから、生理期間中を快適に過ごすマストアイテムといえます。

また、生理が始まる前に履いておいたりするなど、少量の出血なら経血吸収型ショーツ1枚で対応できるのもうれしいポイントです。

経血吸収型ショーツを使用するときの注意点

吸収型ショーツを使用した経験者が、気になった点や注意点も紹介します。

  • 外国製品はサイズ表記をきちんと確認し、フィットしたサイズを選ぶといい
  • 経血量が多い日は、吸収型ショーツだけでは不安なのでナプキンを併用する
  • 経血を吸収しているショーツの少しひんやりした感覚があった
  • 使用後に経血をたっぷり含んでいる場合、洗濯機で洗う前に、すすぎ洗いが必要
  • 手持ちの枚数が少ない場合、夜にその日に使用したショーツを洗う必要がある
  • 効果を持続させるために、乾燥機は使わないほうがいい
  • 経血吸収型ショーツは水分を吸収しやすい分、洗濯後の乾きが遅いので、替えを多めに用意しておいた方がいい

経血量には個人差がありますが、多い日や、普段から多いという人は、ナプキンやタンポン、月経カップといった他の生理用品と併用することをおすすめします。また、手洗いする必要があるなど、手間が少しかかってしまうことは知っておきましょう。

人気の経血吸収型ショーツ3点を比較

吸収型ショーツには、いくつかのメーカーがあります。この記事では、おもなメーカーの製品を比較して紹介します。

1.modibodi(モディボディ)

オーストラリア発のmodibodiはデリケートゾーンに当たる部分が、独自素材の3枚構造です。一番上部は、素早く水分を吸い取り、バクテリアと戦いにおいを防ぎ、中間層は液体を吸収し閉じ込めます。一番下の層は防水保護で漏れを防ぎます。

Photo by Natsuki Hamamura / Laundry Box

実際にmodibodi(モディボディ)を使用している方の感想を紹介します。

経血吸収型ショーツは、デリケートゾーン部分に当たる部分が水着のような素材でできていることが多いですが、modibodiは肌触りがよく普通のパンツと変わらない感覚で履けるところが気に入っています。(30代・会社員)

デリケートゾーンに触れるので肌触りは大事ですよね。商品をチェックしたい方は、modibodiのページをご確認ください。

さらにくわしくmodibodiの感想を知りたい人は、こちらもチェックしてみてくださいね。

2.THINX(シンクス)

NY発のTHINXはデリケートゾーンに当たる部分が、抗菌、吸湿発散、吸水、漏れ防止の4枚構造になっていて、種類によっては最大タンポン2本分の経血を吸収してくれます。

ランドリーボックスで取り扱っているパンツの形は「Hiphugger」、ボクサーパンツ型の「Boyshort」の2タイプがあります。

Photo by Natsuki Hamamura / Laundry Box

実際にTHINXを使用している方の感想を紹介します。

THINXは、とても吸収率がよく、私は吸収率が違うタイプを3枚買って、その日の経血量にあわせて使い分けていますが、経血による不快感はほとんどありません。(20代・Webデザイナー)

生理中に経血による不快感を感じにくいのは助かりますよね。商品をチェックしたい方は、THINXのページをご確認ください。

こちらの記事では、THINXを履いた方のレポートをさらにくわしく紹介しています。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

3.MOON PANTS(ムーンパンツ)

台湾生まれのMOON PANTSは3枚の特殊な抗菌機能の布を使用し、タンポン2~3本(ナプキン2枚~3枚)の水分を吸収します。

水分を吸収しても肌に直接あたる部分はサラサラなので、普段のショーツと同じように着用可能。「そろそろ生理がはじまりそう」な生理予定日から着用してみるのがオススメです。

(写真提供=アジュマ)

実際に、MOON PANTS(ムーンパンツ)を使用している方の感想を紹介します。

血が漏れないように縫い目にこだわっていて、作り方がとても丁寧だなと思いました。また、ナプキンの2~3枚分の吸収力があるという点も良いなと。8時間ほどは履き続けられるため、夜寝る時やあまり外出しない時はムーンパンツ1枚だけで過ごすことができ、快適です。(30代・専業主婦)

日によっては、ムーンパンツ1枚で過ごせるのは楽ですね。商品をチェックしたい方は、MOON PANTS(ムーンパンツ)のページをご覧ください。

いかがだったでしょうか?今回は、生理の経血漏れや、ナプキンによる肌トラブルに悩んでいる人におすすめの経血吸収型ショーツをご紹介しました。生理のときの憂鬱な気持ちが、少しでも軽くなったらうれしいです。

New Article
新着記事

Item Review
アイテムレビュー

新着アイテム

おすすめ特集