30代半ばの編集者、田中薫です。

女性のみなさんなら共感してもらえると思うのですが、年に数回は生理時のパンツを血で汚してしまっています。さらに、パンツを越えて、洋服やシーツ、椅子までに被害が及ぶことも。

よくある経血漏れのシーン▼

・寝ているときに、ドバァ~と血が出て、おしりの隙間から伝い漏れ
・会議や打ち合わせなど、ナプキンの交換のタイミングが空いてしまうときに、ドドドと血が漏れる
・生理終盤に、余裕をかましていたら、ジョロジョロと出血

なかでも職場で漏れたときは、大惨事……。カーディガンでおしりを隠したり、皆が帰ったあとに椅子についた血の汚れを落としたり。何回漏らしたら分かるんだ、私……。

そんなお漏らし女だった私が、漏らさなくなったマストバイの生理用品を紹介させてください!

それがソフィの「シンクロフィット」です。

Photo by Kaoru Tanaka

もう手放せないカラダになってしまった。第3の生理用品「シンクロ フィット」の使用方法と感想

シンクロフィットは、デリケートゾーンに直接挟んで使います。いつもの生理用品と併用すると、交換の間隔を約2時間延ばせられる優れもの。シンクロフィットはトイレに流せるので、使用後は手を汚すことなく、捨てられるのもうれしい仕様です。

実際に使ってみた感想は、ドバドバと出血しても、デリケートゾーン内でせき止めてくれるので安心感がすごい!一度、この安心感を知ってしまうと、もう手放せないカラダに……。

そんなシンクロフィット大好きな私が、生理のシチュエーション別に、おすすめの使用方法を紹介します。

Photo by Kaoru Tanaka
撮影後のパンは筆者が美味しくいただきました

経血量の多い日★★★★★
生理1~2日の量が多い日は、いつもの生理用品+シンクロフィット。吸収力がプラスされることの快適さを肌で感じていただけます。とくに就寝時や、打ち合わせ、接客などトイレに長時間いけないときにおすすめ。

生理終盤の終わりかけ★★★★
生理の終盤は、シンクロフィットだけを装着。デリケートゾーンに密着しているので、ナプキンと違っておしりに違和感をいだきません。

スポーツをするとき★★★
生理終盤に限りますが、シンクロフィットは運動時にも大活躍。「落ちないかな?」と心配でしたが、飛んだりしゃがんだりする激しいボクササイズをしても、問題ありませんでした。大量の汗をかくと、ナプキンなら蒸れて気持ち悪いですが、蒸れが気にならないのもシンクロフィットの魅力です。

人様の家へ遊びに行くとき★★★★
友だち、彼、または親戚の家にお邪魔するとき、「使用後のナプキンどうする問題」が発生します。シンクロフィットはトイレに流せますので、そんな心配はご無用!使用後のナプキンを、こっそりカバンに入れて持ち帰る必要はもうありませんよ。

シンクロフィットのデメリットは?

皆さん、シンクロフィットを試したくなってきたのではないでしょうか?手放せない生理用品とはいえ、いまいちなポイントもあります。愛用しながら感じたデメリットも紹介。

・自転車を乗っているときは、サドルが当たってちょっと気になる(私だけ?)
・トイレに行くたびに、シンクロフィットが流れてしまうので更新頻度が高い
・売っている店舗が少ないから、購入にしくい

もちろん売っているドラッグストアもありますが、私の近所のドラッグストアでは取り扱っておらず、購入場所が少ないことが難点。私は毎月1箱(12ピース)使い切るので、ネットでまとめ買いすることがほとんどです。ここ数年で本当に買ってよかったアイテムなので、いつかはコンビニでも買えるようにと願っています。

私のように、うっかり漏らしがちな淑女のあなた!生理中の強い味方となりますので、気になる方はぜひ試してみてくださいね。

・肌触り       ★★★
・フィット感 ★★★★★
・漏れない安心感     ★★★★★
・においが気にならない ★★★
・蒸れが気にならない  ★★★★★
・デザイン       ★★★

New Article
新着記事

Item Review
アイテムレビュー

新着アイテム

おすすめ特集