女性の体内に挿れる避妊具「IUS(ミレーナ)」と「IUD(避妊リング)」は、女性主体でできる避妊方法として注目を集めています。

しかし、こうした避妊具の使用率は日本では1%以下。検討しようと思った場合、どちらがいいか迷う人も多いはず。

そこでこの記事では、IUSとIUDを避妊やPMSへの効果、費用などで比べてみました。実際にIUSを利用した経験者の声も紹介しています。

*IUS:Intrauterine System:子宮内黄体ホルモン放出システム

*IUD:Intrauterine device:子宮内避妊具

IUSとIUDの違いは?

IUSとIUDは、どちらも女性の子宮に入れて使用する避妊器具です。避妊効果がある点では同じですが、身体への働きかけに違いがあります。

・IUS(ミレーナ)とは

IUSとは、子宮内黄体ホルモン放出機能のついた避妊器具です。

黄体ホルモンを放出することで子宮内膜の増殖をおさえて、受精卵の着床を防ぎます。子宮内膜が増殖しにくくなるため、生理の月経量が減り、生理痛も軽くなります。

・IUDとは

IUDは子宮内に装着することで子宮内の環境を変える避妊器具です。精子の運動を阻害し、精子・卵子の受精を妨げ、避妊効果を発揮します。

Photo by Reproductive Health Supplies Coalition

IUSとIUDの大きな違いは、黄体ホルモンが子宮内に放出されるかどうかです。

IUSとIUDの違いを、避妊効果、月経困難症、授乳時期の使用で比較

IUSとIUDの違いについて、避妊効果、月経困難症への効果、授乳中の使用、費用で比較してみます。

Laundry Box

1.IUSとIUDを避妊効果で比較

IUSとIUDはどちらも高い避妊効果ですが、IUSは99.9%とより高い効果があります。

2.IUSとIUDを生理痛や月経困難症で比較

IUSは子宮内膜の増殖を抑える効果があり、月経量が減るため、生理痛や月経困難症を緩和する効果が期待できます。

一方、IUDは子宮内膜への影響がなく、生理の月経量が増える可能性があるため、生理痛が重かったり、月経困難症の症状があったりする方はIUSを使用するほうがいいでしょう。

3.IUSとIUDを授乳中の使用で比較

IUSは黄体ホルモンを放出し、微量ながら母乳中に移行することが報告されています。授乳は可能ですが、医師へ事前に相談をしてください。

4.IUSとIUDを費用で比較

費用はクリニックによって違いますが、避妊目的の保険適用外の場合は以下の通りです。

・IUSは約4万円

(月経困難症の治療目的で使用する場合、保険が適用されるため、3割負担の場合で約1万2,000円程度)

・IUDは約3万~3万5,000円

上記を総合すると、生理痛が重い、月経困難症の症状があるという人はIUSを、月経困難症ではなく授乳中の場合はIUDを選んだ方がいいでしょう。

IUS、IUDのどちらにしようか迷う人は、婦人科で医師に相談してみてください。

IUSやIUDは女性主体で避妊ができますし、IUSは月経困難症にも効果があります。症状が重い人ほど、IUSを使用することで生活の質が上がると感じるようです。

IUSを実際に使用された方の経験談を記事で紹介していますので、気になる方は読んでみてください。

生理前の鈍痛を合図に、これから1週間は身体が使い物にならなくなるなというあの嫌な予感がなくなりました。貧血による動悸、厚いナプキンを着けている不快感、血液が漏れていないか常に心配で着たい服も着られない、そういう有象無象から解放されるのは最高です。

自分の身体がいつでも思い通りに動くのって素晴らしい。痛みを我慢しなくて済むなんて素晴らしい。こんなことなら早く挿れておけば良かった、今の気持ちはそれに尽きます。

New Article
新着記事

Item Review
アイテムレビュー

新着アイテム

おすすめ特集