画像=おがたちえ

前回は産後、ホルモンバランスのアップダウンに心が敏感に反応してしまい、笑いと涙の育児をしていたことをお話しました。

HSP(注)は自分の気持ちにも振り回されますが、共感力の高さから相手の気持ちにも敏感です。周囲の空気を読んで安全確認をしてから行動するので、育児に対する世間の批判にも敏感に反応してしまいます。

*注:どんな人であっても、その人の身体に“体質”があるように、心にも“気質”があります。HSPは、うつなどの心の病ではなく、気質です。もし「自分もそうかも」と思う人がいれば、HSPという“心の気質”を知ることで、環境への適応力が上がり、より生きやすく、より自分らしく過ごせるようになるのではと思います。(精神科医:鹿目将至)

基本的に人に迷惑をかけること、目立つこと、怒られることが苦手なのです。

そして世間ではお母さんに対する目はとても厳しいと感じます。「ベビーカー論争*1」「ポテトサラダ手作り論*2」「子ども用ハーネスは虐待?*3」などなど、一生懸命育児していても批判の目にさらされることがあります。しかし親がどんなに気をつけていても、思うようにいかないのも育児。

赤ちゃんと電車でおでかけするまで半年かかりました

もし公共の場で、知らない人から「うるさい!」って怒られたら? 

「仕方ないじゃない。私だってがんばっているの!」と口には出さずに心の中でイラッとするか、スルーできればいいのですが、HSPの場合は頭が真っ白になって思考停止してしまいます。

怒られることはHSPにとって、とてもショックが大きいことなのです。

いつも「最悪の事態」を想定してから動くのがHSP。ベビーカーのほかに泣いたとき用の抱っこひもを用意し、オムツにタオル、飲み物などを用意していると荷物はパンパン。事前にネットで「ベビールーム」がある施設を調べてからでないと安心できません。

考えすぎて、私は赤ちゃんと2人きりで電車に乗ってお出かけするまで半年かかりました。

こんな感じで何事にも「石橋を叩いて渡る」気質のHSPは、ネットやテレビなどで世間のネガティブな情報を見てしまうと「最悪の事態」を想定して慎重になってしまいます。結婚や出産に積極的になれないHSPも多く、子どもを持たない選択をする夫婦もいるそうです。

漫画=おがたちえ

何をしても批判する人は必ずいる

考えすぎてしまっているときは、外の情報に敏感になりすぎているときです。自分の感覚や本当の気持ちを取りもどすために、たまには「デジタルデトックス」をおすすめします。個人的におすすめなのは、極力携帯をOFFにして自然やアートなどで五感を満喫させ、リフレッシュすることです。

あと「何をしても批判する人は必ずいる」と頭の片隅にいつも置いておきましょう。

ちょっと今回はまじめになりすぎた?のでおまけマンガもどーぞ。

漫画=おがたちえ

*1ベビーカー論争…電車内など混雑する公共の場所でベビーカーを畳まずに使用している人に対して「邪魔だから畳んでほしい」という否定派と、「乗らないと移動できないので仕方がない」などの理由の賛成派で意見が分かれている。JRは、ベビーカー利用の人と周囲の人が安全・快適に電車を利用できるよう呼びかけている。

*2ポテトサラダ手作り論…惣菜コーナーでお買い物中に「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」と言われた、というTwitterの投稿が話題になった。これに対し、母親像の押しつけだ、ポテトサラダは作るのが大変だから惣菜を買ってもいい、やはり手作りすべきだ、などといった多数の意見が見られた。

*3子ども用ハーネスは虐待?…歩き始めた子どもの安全のために使用する子ども用リード紐のハーネス。「手をつないでも振りほどいてしまうのであると助かる」などの使用者の意見がある一方で、「ペットみたい」「虐待だ」という否定的な意見もある。

著者プロフィール

おがたちえ

台湾とクルーズ船を愛するHSP漫画家。刺激追求型HSPゆえに、怯えつつも汚部屋掃除や事故物件などのルポ漫画も手掛ける。『フォアミセス』(秋田書店)にて『HSPの歩き方~ハッピー・センシティブ・パーソン!~』を連載中。著書に『繊細すぎて生きづらい~私はHSP漫画家~』(ぶんか社)、『なつかしい日本をさがし台湾』(ぶんか社)、『汚部屋掃除人が語る命の危ない部屋』(竹書房)などがある。

監修者プロフィール

鹿目将至

精神科医。1989年、福島県郡山市生まれ。日本医科大学卒業。現在、愛知県内の病院に勤務。「気軽に生きる」をモットーに活動中。

New Article
新着記事

Item Review
アイテムレビュー

新着アイテム

おすすめ特集