忙しいときの「生理」

ごくたまに「トイレにいく時間がもったいない」と頭に浮かんでしまうほど、忙しいときがあります。

忙しいアピールではない、本当にそうなの!

そんなときに生理がカブったら、死ぬほど大変。ただでさえ腹痛に悩まされ煩わしいのに、トイレを気にしながら移動して、かさばるポーチを持って駆け込み……量が多い日は、ドバっと血が出た瞬間「いまの漏れてないか!?」と、いつもヒヤヒヤです。

もう年若いおなごでもないけど、経血漏れの危険はいつも隣り合わせ。

タンポンは30代になってからなんとなく相性が悪くなり使わなくなってしまったし、月経カップは、使いこなせそうになくて手が出せない……。

どこかに手軽で革新的な生理用品はないのか。

あった!

Laundry Box

教えてもらったのが、ソフィ「シンクロフィット」。

ナプキンでもタンポンでもない、「第3の生理用品」。

自称意識高い系としては、「第3の〜」的なイノベーション香る触れ込みも大好きなので、さっそく使ってみました。

結果、手放せなくなった

Photo by Natsuki Hamamura/ Landry Box

端的に言います。

オススメです。

使い方も簡単。デリケートゾーンにぴとっとくっつけるだけ。

違和感もないし、サイズ感からは想像つかないほどの「圧倒的吸収力」に驚きます。

一度装着すると、割としっかりくっつくので、経血が出る瞬間独特の「ドバっと感」も、ない(あれ、マジで怖くないですか?)。

量の多い日にナプキンと併用して使ってみたら、シンクロフィットだけを交換してナプキンは2〜3回に1回の交換でも全然OKでした。つけ心地もフワッとしていて、動いてもズレる感覚はありません。

ちなみに私はカブレが気になるので、併用するナプキンは同じソフィブランドの「はだおもい オーガニックコットン」を愛用。

シンクロフィットはナプキンよりかさばらないので手軽に持ち運びもできるし、職場や外出先などでポーチを持ち歩く「いかにも、生理中です!」的な演出も避けられる。

そしてなんと言っても最大の利点は……

トイレに流せる

はい、ついにきました、トイレに流せるアイテム。

しかも、個包装の紙まで流せます。

(前回「流せる」と思ったら、「もう流せると謳っていなかった」という話を書きました。何を言っているのかわからないと思いますが、詳しくはこちらの記事を)

そもそもこのシンクロフィット、トイレに行って座るとき自然に落ちるので、取り外しに手を使う必要は、ほとんどありません。そのまま流して終了。これがポイント高い。

月経カップが合わない。チャレンジしづらい。でも環境問題を考えると、生理用品ゴミの量は膨大なわけで、水で分解されて流せる素材のアイテムとなったら「使いたい!」となるエコフレンドリーな考え方の人は多いはず。

Laundry Box

先日、ユニ・チャーム主催の #NoBagForMe イベントにて、シンクロフィットのプロトタイプ番を発見。以前は「Body Piece」という名前でテスト販売されていたとのこと。

日本は欧米と比較してタンポン使用率が低いので、こうした「中間」的立ち位置の「第3の生理用品」の需要は今後も増えそう。生理用品にも、多様な選択肢が増えていくのは喜ばしいことです。

 *

吸収力★★★
このサイズでこの吸収力!?ビックリ。でもナプキンと比較してではないので、量の多い日は併用がオススメ。

持ち運び★★★★
いい年して思春期みたいなこと言いますが、出先でポーチを持ち歩くのが、なんか嫌。いちいち持っていくのも面倒だし、トイレまで行って「あー持ってくるの忘れた!」となるのも。シンクロフィットのサイズ感だと、ポケットにひとつくらい入れておいても違和感なし。

エコフレンドリー★★★★★
上記 #NoBagForMe イベントにて、実際にシンクロフィットが水に分解される様子が展示されていました。

【ランドリーボックスの人気記事】
・結婚6年目のある日、夫に「生理1日目」のナプキンを見せてみた
・結婚6年目のある日、「血の付いたナプキン」を妻が見せてくれた。(夫のアンサー)
・「いま甘えたい気分なんだって言います」 生理に悩み続けた夏生さえりさんのがんばりすぎないヒント
・デート中、彼女が生理に! 男子高校生の生理をめぐる大冒険

ユニチャーム
シンクロフィット 漏れ防止サポートアイテム
》この商品をチェック

Photo by Natsuki Hamamura/ Landry Box

New Article
新着記事

Item Review
アイテムレビュー

新着アイテム

おすすめ特集